一般の方向け日常雑感

12月になって

12月になって

                        行政書士 関 純子

今年も早12月半ばとなりました。

コロナ禍の中で自粛・我慢の日が続いています。

楽しみにしていたコンサートやミュージカルは中止となり、旅行に行くこともなく、子供や孫にも会えない一年でした。

近所でお菜(野沢菜)洗いをしているのを見かけました。私の家でも主人の父親が生きている頃は、木の大きな漬物桶に2つも漬けていました。「何もなくても漬物さえあれば」と食卓には欠かさず漬物が並んでいました。家族も減り食生活が変わっていく中で、今年は野沢菜を漬けるのをやめました。

先日、思いがけずに大きな赤かぶ(生)を25kgもいただきました。いつもは漬物になったものをいただいていたのですが、何とか漬けまして濃いピンク色の甘酸っぱい漬物になりました。

さて、ここ3年私は白菜のキムチ漬をしています。公民館のキムチ作り口座に参加してからです。漬けるのはこれからですが、今年も美味しく出来るといいなと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です