一般の方向け日常雑感

「日記」

行政書士会諏訪支部理事 上島 聡

子供が宿題で毎週日記を書いています。その書かれた日記を親が添削したりします。その為毎回日記をまだ書けていないといった、ひと悶着が発生します。そうすると子供は書くことが無いから何処か連れていけだのと言ったりします。そのせいで親は毎回最低でも公園など外出を余儀なくされます。折角何処か連れて行った後の日記を見ると短い文章のビジネスマンの報告書又は感想文のようなどこどこに行きました。楽しかったです。といった情緒もないような内容で親としては大変がっかりします。どこを直していいやら分かりませんので、大変困ります。

我々も仕事でメールなど文章のやり取りが多いのですが、お客様で、メールのみの対応でという方がおり、電話をかけても出ていただけず、自分が緊急の場合電話をかけてくるかたがいます。さらに、困ったことでメールをよく見ていないし、相手方のメールも時々訳が分からない文章が送られて来て大変困っています。

文章って難しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です