未分類

占いとか、調べてみました

占いとか、調べてみました

                            運輸交通部会長 今井一彦

最近は暖かい日も続き、春の足音も聴こえてくるようになりましたね。コロナもこのまま

収束に向かい、早く従来の生活を取り戻し旅行にでも行きたいものです。

脈略がなくてすみませんが、皆様は「占い」には興味がありますでしょうか。私も特に興味がある訳ではありませんが、成程と思ったことがありました。占いにも多くの種類がありますが、その中で 「姓名判断」 というものがありますね。知っての通り、名前に用いる字画数や字音の組み合わせ、用いた字の吉凶、また偶数、奇数の組み合わせなどから運勢の吉凶を占うものだそうです。自分の子供の名前を考える際に、自然とこれらを意識した記憶があります。当然ですが名前だけでは生きてはいけませんが、少しでも人生が良い方向に向かうための、親としての祈願といったところでしょうか。

その中で私は 「字音の組み合わせ」 に興味が惹かれました。これは名前の母音に 「あいうえお」 の全てが入っていることだそうです。例えば、徳川家康公は と「お」 く「う」 が「あ」 わ「あ」 い「い」 え「え」 や「あ」 す「う」 と全部入ってます。これだけでも稀だそうですが、加えて画数など他の条件も組み合わせれば最強の運勢を持つ名前になるそうです。昔から陰陽師と呼ばれる占い師も権力者の傍にいたようですからね。

母音が全て入る方は他にも吉田茂元首相、安倍晋三前首相、菅義偉首相、佐藤栄作元首相、東郷平八郎元帥、枝野幸男代表が頭に浮かびました。他にも各分野の成功者に多数いますね。しかしながら、これはご本人の努力があってこその運勢なので、私も無いなりに補いつつ頑張ろうと思いました。ご参考までにお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です