お知らせ支部会員向け未分類

会員の皆様、あけましておめでとうございます。

会員の皆様、あけましておめでとうございます。

 

諏訪支部支部長  小口 敬子

私は、現在民生児童委員を担っています。民生児童委員は、1期が3年、私は2期と1年間勤めていますので7年間が過ぎました。民生児童委員は、条件に到達した方の見守りを行っています。訪問に行くのですが、いつも感心しているのは、突然うかがっても常に身ぎれいにしていらっしゃって、暑い中、寒い中大変ですね、気を付けてね、と感謝のお言葉を頂いています。一人暮らしなのに、足が痛いのに他人を思いやる心を常にお持ちである、本当にその姿勢がお手本になります。一人暮らしはさぞ寂しいでしょうに、足が痛ければ愚痴もこぼしたくなるだろうにと思うのですが、真摯な姿勢に励まされて、いつの間にか7年が過ぎました。良き話し相手、相談役として地域にもう少し貢献していきます。

自分事ですが、私は大正琴の講師をしています。最初は、グループの人数が足りないので会員になってと言われて、仕方なく始めました。しかし演奏していくうちに欲が出て、講師の資格を平成10年に取得し、生徒さんの人数は多くはありませんが細々と講師を行っています。

施設に慰問演奏に行くと、良かったよ、また来てねと涙を流して聴いて下さる方に感激し大正琴を担いであちこちに演奏に出かけています。

大正琴は、左手で玄を抑えるので右脳の発達にもなり、脳のバランスが取れて「〇〇防止」に大いに役立つと自分を励ましながら取り組んでいます。“たかが大正琴、されど大正琴”と思いますが、やはり日常を離れ習いことをすることは、努力と忍耐が必要で、継続は力なりと自負しています。生徒さんと、たわいのないおしゃべりをしたり、その中で思わぬ知識が生まれたりと役に立つことが度々です。昨年は、新型コロナ禍で演奏に出かけられなくて残念でしたが、今年は工夫して出かけていきたいと思っています。

行政書士の仕事も同様に、“継続は力なり”続けていくことの大変さと大切さ、時には挫折を味わい落ち込むこともありますが、お客様とのコミュニケーションを楽しみながら続けていきたいと思います。

年頭に際しまして、会員の皆様の健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です