お知らせ一般の方向け支部会員向け行政書士

小口前支部長 退任のごあいさつ

退任のごあいさつ

令和3年5月9日

行政書士会諏訪支部 前支部長 小口敬子

4年前に諏訪支部の支部長に就任いたしました。支部長になりますと意気込んでいたものですが意気込みとは裏腹に戸惑う事ばかりでした。

行政書士は、「他人の依頼を受け報酬を得て 官公署に提出する書類、 権利義務又は事実証明に関する書類」を作成することです。

それには研修会で知識を得たいと思い、ホップ・ステップ・ジャンプ研修を行いました。

ハニカム通信をご覧いただきまして、その間の状況はご確認ください。令和元年には千曲川の氾濫により、県の会員の方も被害にあいまして大変な思いをされたことと思い義援金等をお送りいたしました。令和2年の1月には上田支部から竹内波美男先生を講師に建設業の研修を頂いたのですが、行政書士としての姿勢についての講義もあり有意義な研修会でした。そのころから、新型コロナが暴れており今後の活動が不透明となりました。

会場は貸出禁止、人は密にならないようにとの事で令和2年の総会の行方がどのようになるのか支部として大変悩みましたが、結局事務局に於きまして、縮小しての開催と致しました。察していただきました、会員の方々には本当にお礼を申し上げます。

令和3年度長野県行政書士会諏訪支部定時総会 於:ホテル鷺の湯

コロナによりまして今までの様な活動ができない中、商工会議所より、「持続化給付金」「家賃支援給付金」の申請を行って欲しいとの依頼がありまして、急遽申請に対する研修会を行い対応しました。行政書士がいかに地域に必要とされているかという事を痛感し商工会議所とのパイプが出来ました。まだ、コロナが続いておりまして支援金、助成金の申請を行政書士に依頼されることが多々あることと思います。今後も商工会とは連携しこの関係が続くようにと願っています。

又、諏訪支部のホームページを立ち上げることができまして、情報が流通するこの時代に即した事が出来、大変ありがたく思います。ご尽力いただいています岡田会員には今後も宜しくお願い致します。

4年間の間に、思いもよらない事態に会いましてその都度助けていただいたのが、理事の方々です。本当にありがたく頼りになりました。このような支部長を支えていただきお礼を申し上げます。最後になりましたが会員の方々にも温かく見守っていただきまして本当にありがとうございました。

この4年間、本当にありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です